04)天然石の説明 

■ 天然石の説明

当店取り扱いアクセサリーの中には天然石を使用しているものがあります。
天然石には古来より神秘的な力があるといわれ、装飾品や護符として使用されてきました。
ここでは、そのような古くから伝えられてきたパワー効果と共に、石の特性等を簡単にご紹介させていただきます。

名前で検索



フリーワード検索



ア行の天然石 : 一覧

画像はありません

アゲート(瑪瑙)

Agate(瑪瑙/めのう)
クォーツ(石英)グループのカルセドニー(玉髄)の一種ですが、内部の質が不均質で縞模様となったり、紅色になったものを言います。

イタリアのシチリア島から多く発見され、島の古い川の名「アカーテ」が転化しました。また、和名は原石の産状が馬の脳に似ていたことから由来します。
様々な色彩や模様があるのが特徴ですが、長い歴史の中で偶然にうまれたものです。
大地のおおらかさを感じ、ゆったりとした気持ちになれるでしょう。
夫婦等、家庭内のいざこざを防ぐと言われています。

アゲート(瑪瑙)関連商品:

画像はありません

アメジスト(紫水晶)

Amethyst(紫水晶/むらさきずいしょう)
水晶の色変種の中では最高位に評価されています。
ただこの美しい色は日光にあまり強くなく退色するので保管するときなどに注意が必要です。

2月の誕生石とされています。
ギリシア神話の酒神「バッカス」はきにくわないことがあったので、最初に出会う人間を家来の虎に襲わせようと考えていました。そして清純な乙女「アメシスト」に出会います。逃げ惑う乙女を月の女神ダイアナが彼女を守るため純白の水晶に変身させました。この異変に「バッカス」は深く悔い酒を注ぐと、透き通った紫水晶に生まれ変わりました。この神話から邪と悪を祓う力があると信じられています。
またこのギリシア語の「酔わない/アメシストス」から、精神的不調や過剰なストレスを緩和し落ち着きをもたらす力があるともされています。

アメジスト(紫水晶)関連商品:

画像はありません

オニクス(縞瑪瑙)

onyx(縞瑪瑙/しまめのう)
ギリシア語で爪を意味し、爪の根元に見られる白色の部分を白色縞にたとえるようになり、本来は白色の縞目を指す呼称でした。
※現在ではただ単に「オニクス」と言うと、ブラック・オニクス(黒瑪瑙)、黒いカルセドニー(玉髄)を指す場合が多くなりました。広義に用いられていますが、正確な名称ではなく通称です。

巳年の石とされています。
古くから悪魔から身を守り、肉体を強化すると言われています。
また、精神を安定させる力があるとされネガティブな思考をポジティブに変え睡眠障害を解消すると言われています。

オニクス(縞瑪瑙)関連商品:


▲このページのトップへ

カートを見る